仮想通貨の父 ジアンカルロ・クリストファー会長が退任表明

「仮想通貨の父」2019年に退任の意思表明

米国で仮想通貨におそらく一番好意的であった市場の規制者が、2019年の任期終了と共に引退する意向を正式に表明しました。

先週、米国フロリダ州マイアミで、IFLR(国際経済レビュー)主催のISDA(国際スワップデリバティブ協会)の年次総会が行われました。

同会議で、米国のCFTC(商品先物取引委員会)のジアンカルロ・クリストファー会長が、5年の任期が終了する来年4月以降、任期を延長する予定はないと発表しました。

多くの規制者が仮想通貨に対して冷たい眼差しを向ける事が一般的である中、ジアンカルロ会長の仮想通貨に対する偏見のないスタンスは仮想通貨コミュニティーで好意を抱かれていました。

ある時、同氏が議会審問で仮想通貨の影響で孫達が投資に興味をもってくれたとスピーチの冒頭で発言した以来、『クリプト(仮想通貨の略語)の父』という愛称が広がりました。
全文はこちら



米国で仮想通貨が広まった要因の人物の1人だろう
仮想通貨に対してマイナスニュースが増えてる
そんな中彼の偏見のないスタンスは仮想通貨ユーザーもプラスに見ていたんだ
仮想通貨界隈からいなくなってしまうのは寂しいな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です