韓国ビッサム シンガポールで独自トークンを発行

 韓国の仮想通貨取引所大手、ビッサムは、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で独自トークン「ビッサムコイン」を発行する計画を明らかにした。現地メディアのトークンポストが19日に報じた。

 報道によれば、韓国国内ではICOが禁止されているため、ビッサムはシンガポールでトークンセールを行う予定だ。ビッサムは個人投資家ではなく大口投資家に焦点を当てているという。ビッサムは、いつトークンを発行するのかは明らか、どのくらいの規模になるのかは明らかにしていない。

 ビッサムが自身でトークンを発行するとなれば、韓国の仮想通貨取引所では初の試みとなる。中国の仮想通貨取引所大手のフオビーは1月、独自のフオビートークン(HT)を発行する計画を発表した。フオビーによれば、トークンはICOではなく、フオビーの取引所のアクティブなユーザーだけがトークンを受け取れる。
全文はこちら


韓国では不可能な為シンガポールでの発行だ
いつ、どんな物というのはまだ発表されていない
実現すれば韓国取引所で初となる独自トークンになる
韓国で規制が強まる中それ以外での動きが強まっているな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です