米SEC イーサリアムを有価証券として扱うべきか議論

イーサリアムは有価証券か

多くのベンチャーキャピタル・スタートアップが、イーサを含めた仮想通貨が”セキュリティ(有価証券)“としてカテゴライズされることに反対の意を示しており、ロビー活動を行っています。

19日、NewYork Timesが報じました。

関係者によると、SECの規制当局では現在、イーサを含めた仮想通貨を有価証券のカテゴリに分類するべきか協議が行われているとのことです。

イーサが証券としての扱いを受けることで、非中央集権的な運用が促されてきた仮想通貨の優位性が大きく揺らぐこととなり、その価格にも多大な影響を及ぼしかねないでしょう。

こうした動きに対し、シリコンバレーを拠点とするベンチャーキャピタルのAndreessen Horowitz社が主導となり投資家や法専門家を含めたグループが結成され、SECとの対話が3月下旬に行われました。

彼らは証券として扱われ得る通貨に対してガイドラインの制定を求め、条件を満たす仮想通貨を連邦証券法の適用外とするよう働きかけました。

彼らは、使用用途が明確なトークン、仮想通貨については証券ではなく「ユーティリティートークン」として分類されるべきだ、と提案しました。
全文はこちら



多くの専門家や投資家は証券としては無理との考えだ
だがBTCに比べイーサは広がり方が違う印象だ
議論や検討も他の通貨に比べて格段に多い
当たり前のように使われる通貨がイーサリアムになる日もくるかもしれんな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です