韓国CoinOne インドネシアで取引所を開設へ

韓国の大手取引所「CoinOne(コインワン)」は16日、インドネシアで取引所を開設する計画を発表した。

発表によると、コインワンのインドネシア支社が今月16日から事前登録を開始するという。

そんなコインワンのサービス開始は6月を予定しており、取り扱う通貨はビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、EthereumClassic(ETC)、ライトコイン(LTC)、Qtum(QTUM)の6通貨。

ちなみにインドネシア国外に在住するユーザーは事前登録期間後にプラットフォームの利用が可能になるが、別途本人確認を受ける必要があるという。

世界の仮想通貨取引所の中で27位に位置し、記事作成時の取引高は4,900万ドル(約52億円)であったコインワンは、インドネシアの市場について

「フィンテック産業の潜在的な成長力を高く評価している」

とし、このような理由から進出を決めたと説明している。

しかし現状では、インドネシアの仮想通貨規制は相当厳しい。
全文はこちら



CoineOneは韓国の取引所だ
それがインドネシアへ進出するニュースだぞ

インドネシアは仮想通貨の規制でかなり厳しい国だ
韓国も規制が強まる中でのインドネシア進出っぽいが…三点
今のままでは何も出来んだろうから新しい発想がないと難しいだろうな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です