韓国ブロックチェーン協会 新たな規制概要を発表

仮想通貨の規制が激しい韓国で、また新たなルールが導入される事となった。

先日、韓国ブロックチェーン協会は、仮想通貨取引所を対象とした自主規制の概要を発表した。

新たに導入された規制ルール

自主規制の具体的な内容としては、各社ごとの資産管理、定期的な監査実施や財務レポートの作成など多岐にわたる。

基本的な狙いとしては、今回の自主規制を通じて、より公正で透明度の高い仮想通貨取引を実現する事だ。

もともと韓国といえば、仮想通貨を通じたいわゆるマネーロンダリング事件や、海外への自国通貨の流出など、悩ましい諸問題を抱えていた。

それゆえ、政府主導となって仮想通貨・ブロックチェーンまわりの規制を強化し、一国全体として諸問題の解決にあたってきたのがこれまでの背景として存在する。
全文はこちら


韓国でまた新しい規制のニュースだぞ
今回はマイナスイメージが広まった仮想通貨を抑える規制だと思う
常にリスクはあるが安心出来る地盤固めが大事だからな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です