取引所クラーケン 日本から撤退 理由は営業継続コスト

アメリカの仮想通貨取引所「Kraken(クラーケン)」が17日、日本人向けサービスを廃止することを発表した。

2014年10月から日本で仮想通貨取引所のサービス開始し、当時絶大な人気を誇っていたKraken。

現在は世界で10番目の取引量を誇る仮想通貨取引所となっており、過去24時間での売買額は1億9,000ドル(約200億円)にも上るという。

そんなKrakenが今回日本向けサービスの廃止に踏み切ったのは、営業継続コストによるものだという。
全文はこちら



日本のみの話でそれ以外の地域には関係のないニュースだ
営業継続コストが主な撤退理由らしいぞ
世界で10番目に大きい取引所には変わりない
ちょっと前まで日本で開設出来る数少ない取引所のひとつだったんだがなぁ

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です