インド取引所から438BTCが消失 社員の不適切な行為と説明

インドのBTC取引所コインセキュアのウォレットからおよそ438BTCが消失した。

コインセキュアCSOのアミタブ・サクセナ氏の主張では「BTGを引き出そうと秘密鍵を抽出する際に事故が起こった」として社員の不適切な行為が原因だとしている。しかし、同取引所は「秘密鍵はサクセナ氏が保管していたため、この事件において何か隠しているようにしか見えない」と同氏の説明に不審な点があることから、デリー警察のサイバー犯罪担当部署に正式な告発書を提出し、同氏のパスポートを没収している。
全文はこちら


また取引所関連のニュースだ
CSOと取引所の意見が食い違いが起きているぞ
利用者の資産は保障すると約束しているが……
ここの取引所も信用を取り戻すのは大変だろうな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です