Dtube Youtubeから乗り換えるYoutuber達

DtubeはYoutubeより優れた代替案なのか?

Youtuber達はYoutubeの仮想通貨関連広告規制の流れを受けて、代替案を探しています。その一つがDtubeです。

既存の動画メディア、特にYoutubeの広告をベースとした収益モデルとは対照的に、DtubeはP2Pの収益システムであり、ブロックチェーン技術を利用していて、投稿者への支払いには仮想通貨が使用されるという仕組みになっています。

他の代替案は BitChuteです。インターネット上の検閲に立ち向かうという点でDtubeに似ているシステムです。

Dtubeへ乗り換えるYoutuber達

Youtubeの動画制作者である、「Peter “Furious Pete” Czerwinski」氏はYoutubeによる束縛から逃れるため、Dtubeへと乗り換えました。

Dtubeを利用することは、検閲のようなデメリット排除し、著作権保護というメリットのみを享受できる理想的な方策なのです。

先月、Dtubeのベースでもあり、非中央集権型のSNS,「Steemit」を含むプラットフォーム「Steem」の創設者である、Ned Scott氏はPolygon誌にて、こう語りました。

「もし誰かが著作権を侵害する動画があると報告すれば、私たちは社の法的責任に基づき、動画を停止し、調査を行います。ですが、私たちはコンテンツの監視、検閲は行いません。」
全文はこちら



Dtubeという動画サイトについてのニュースだ
Youtubeが仮想通貨関連を規制した話はまだ新しいな
そんな中仮想通貨関連の動画・生放送をしてたYoutuber達がDtubeへ移動し始めた
Youtubeはチャンネル登録や閲覧数が一定以上ないと収益が出ない
Dtubeはその辺の縛りはなく視聴者からの寄付で金銭を受け取るのが基本となっているサイトってのもミソだ

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です