リップル社 教育非営利団体へ26.5億円相当XRPを投資

XRPを利用して約26.5億を投資ファンドに出資

リップル社は、仮想通貨業界で最古の投資ファンドであるBlockchain Capitalに対し、自身の仮想通貨であるXRPを使用して$2500万(約26.5億円)の出資を行うことを発表しました。

リップル社は、Blockchain Capitalの第4号ファンドであり、仮想通貨での出資のみを受け付けている”Blockchain Capital Parallel IV LP Fund”への参加を表明しました。

Fortune にて、Blockchain Capitalの代表は、以下のように説明しました。

「私達は、リップル社からのXRPでの出資を受け入れたことによる価値の変動リスクから他の出資者達を保護するため、パラレルファンドを作成しました」

リップル社により「出資をデジタル資産で受け付ける最初のファンド」と説明されたこのパラレルファンド方式の金融商品は、$1.25億(約132.5億円)を自力で調達した Blockchain Capital IV LP fund と統合され、サンフランシスコ基盤のベンチャーキャピタル企業であるBlockchain Capitalは4回の資金調達で合計で$1.5億(約159億円)を調達しました。

その最大の資金調達を経て、Blockchain Capitalは、現時点で$2.5億(約265億円)もの資産を有し、そのポートフォリオには、Coinbaseや、Kraken、Circle、そして、リップル社が含まれています

その$1.5億(約159億円)のファンドは、ブロックチェーン技術を様々な用途に活用するスタートアップや起業家チームへの出資に当てられます。

リップル社はオープンソースプラットフォームによる決済という枠組みを超えた用途について以下のように指摘しています。

「この出資は、XRPレジャー及び、インターレジャープロトコルの新しい用途を模索する良い機会になるでしょう
全文はこちら



自社の通貨を投資って面白いな
そして凄い金額だな!26.5億円相当だってさ
更に今後も出資する意向を話しているぞ
注目される仮想通貨だけあってやる事も大きいなぁ

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です