スタンフォード大学 仮想通貨コースを提供

ベンチャーキャピタルからの需要拡大

トップに位置するビジネススクールは、仮想通貨とブロックチェーンに関するコースの提供を拡大することによって、ビットコインの時流に上手く乗ることができました。

より多くの「仮想通貨:MBA(経営学修士)コース」を提供する動きは、生徒はもちろん、会社のリクルーター、とりわけベンチャーキャピタルからの需要増大が後押ししています。

ペンシルベニア大学のウォートン・スクールの教授であるKevin Werbach(以下ウァーハック氏)は、「ブロックチェーンと分散台帳技術(DLT)」と題する講義を2018年秋に行う予定です。

ウァーバックは、CNBCに対して以下のように語っています。
全文はこちら



ブロックチェーン技術を学ばせる為にも良いニュースだ
2018年5月から開始予定らしいぞ
しかし仮想通貨コースか……面白い時代だな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です