インド BTC取引禁止の噂は事実無根

RBI、国内銀行に仮想通貨関連企業との関係を断つように要求

4月5日のRBIのプレスリリースは、大きな混乱を招きました。

プレスリリースの一部で、RBIは銀行に、仮想通貨事業を行なう企業との関わりを断つように要求しました。

人々がどのようにメッセージを解釈するかによって、RBIは全てのビットコイン取引を禁止したいとも読み取れるものでした。

彼らの最終的な判断はまだかなり重要ですが、実際には全ての取引を禁止するわけではありません。

仮想通貨事業を運営する企業にサービスを提供している銀行にとっては、大きなデッドラインが立ちはだかることになります。

これらの機関は、サポートを停止するまでに最大3ヶ月の猶予があります。

この期限を遵守しない場合、その銀行はもはやRBIの「パートナー」ではなくなります。

それは必ずしも致命的ではないが、銀行を恐怖に陥れる戦略です。

一方、インドの仮想通貨取引所Unocoinによると、憂慮することはあまりないそうです。
全文はこちら



銀行と仮想通貨企業の関わりのやめるよう要求しているのが本当だ
インドは取引が出来ないという噂は違うっぽいぞ
動きは見ていたいがBTC取引の動きが急激に動く様子はないかもしれん

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です