仮想通貨取引所 証券取引所の10倍の上場手数料を徴収している

ICOを取り扱う取引所は莫大な手数料を徴収

仮想通貨のインフラ提供者(取引所)は、流動性の確保と引き換えに多額の手数料を徴収していることが明らかになっています。

ICOを名の知れた取引所のリストに加えるには、$100~300万(約1~3億円)の費用がかかると記載されています。

ナスダックの中でも比較的小規模なNasdaq Capital Marketに1500万株までの範囲で上場する際には、出願料及び、入会費用として、$5.5万(約580万円)かかり、ほぼ同額が維持料として毎年かかってきますが、仮想通貨取引所に比べると遥かに少額であることが見て取れます。

報告書の作成者は「取引所にトークンを追加するには、合理性を追求すると$100万(約1億円)かかり、早急に流動性を確保したい場合は$300万(約3億円)かかります。」と説明しました。

購入者にとってそのトークンが容易に取引可能であることは魅力的であり、ICOの成功の鍵は取引所のリストへ追加することであると言っても過言ではないかも知れません。
全文はこちら



思ってたより凄いな
しかし証券取引所の10倍か……

その分得れる収益が大きいんだろう
これでも新規取引所もポンポン生まれているのが現状だ
詐欺紛いの取引所が出てくるのも問題になっているがな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です