BTCアップデート 手数料と取引速度改善へ

コインの選択アルゴリズムが抱える問題

ビットコインは単なる電子決済システムにすぎませんが、法的通貨との交換に役立っていた「コアシステム」がまさに更新されようとしています。

それは、コイン選択(coin selection)というアルゴリズムです。

「コイン選択(coin selection)」と呼ばれたアルゴリズムは、ユーザーの取引を成り立たせるために、どのビットコインデータが一緒になるのかを決定するものです。

本質的にコイン選択のコードは、たとえば10ドル(約1,050円)の請求書をレジ係に提示して7ドル(約735円)のアイテムを与え、消費者が3ドル(約315円)をおつりで受け取るという支払いプロセスを複製します。

簡単に言えば、ビットコイン取引に対して、「送金側が2BTCを送った際、受け取る側がどのような形でビットコインを受け取るのかの内容を決める仕組み」になります。

ビットコインはまだまだ発展途上であり、トランザクションやマリアビリティ(トランザクション展性)のような問題を複数抱えています。
全文はこちら



やっときたか……
正直遅いというかアプデでどうにかなる問題なのかな

メリットである送金速度があっても手数料や速度が遅くて話にならんかったからな
BTC以上に性能が良い通貨が増えたのも仕方ないとは思っていたが
まだまだ成長するコインかもしれないな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です