ロシア・中国・韓国が広告禁止企業を集団起訴の構え

仮想通貨広告を禁止するインターネット企業に対する集団訴訟

ロシア、中国、韓国の仮想通貨・ブロックチェーン協会は仮想通貨の広告を禁止したインターネット企業を集団訴訟する構えです。

この訴訟では、Facebook、Google、TwitterそしてYandexによって設けられた広告の制限に反対する形となります。

モスクワで開かれた仮想通貨の会合にて、本件をアメリカの裁判所に提出することが決まりました。

今回の訴訟は新たに設立されたEurasian Blockchain Association (以下EBA)によって5月にアメリカの裁判所に提出されることになります。

ロシアの仮想通貨・ブロックチェーン協会(RACIB)、韓国のベンチャービジネス協会(KOVA)、中国の仮想通貨投資家協会(LBTC)、これらの協会の代表者たちはモスクワでのBlockchainRF-2018(3/27~3/28)の開催期間中にEBA設立に関して合意しました。
全文はこちら



広告禁止する企業のニュースが出ていたがそこを起訴か
行動を起こした国は仮想通貨を他の国より推進している所だな
特にロシアは積極的な姿勢を見せているニュースが出たばかりだ
しかし集団起訴したところで何か変わるのだろうか……

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です