米国 大学生5人に1人は仮想通貨の投資をしている

 米国の学生と労働者による仮想通貨取引が増えている。最近のメディアの報道によると。学生はローンを仮想通貨に投じ、仮想通貨業界の従業員には仮想通貨で給料やボーナスが支払われている

 今月16~20日に「Student Loan Report」が実施した調査では、21.2%の大学生がローンを使って仮想通貨に投資していた。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の上向きの価格ボラティリティに乗じて、学生ローンの債務を早く完済しようとしていたのだ。

 ビットコイン価格が17年に1000ドルから2万ドルに高騰した事実を踏まえると、このような行動は良いアイデアのように思える。しかしながら、極めて乱高下の激しい市場にローンを投入すれば、さらなる債務につながるおそれもある。学生ローンの金利を考えればなおさらだ。

 業界の人々は価格の乱高下を恐れてはいないようで、仮想通貨での給与受け取りを選択する傾向が見られる。CNBCの26日の報道によれは、決済処理サービスを提供するビットペイの従業員の52%が、法定通貨をまったく含まない、全額ビットコインでの給与支払いを選んでいた
全文はこちら



5人に1人とは想像以上に多いな
先を見ているのか話題に乗ったのかわからないが・・・

理由としては学生ローンを返す為という事らしい
去年の高騰を見れば学生たちの動きは理解は出来るぞ
だが今から始めるとしたら難しい問題だなぁ

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です