ブロックチェーン特許 中国が最多と報じられる

 世界知的所有権機関(WIPO)へのブロックチェーン技術関連の特許申請数は、2017年は中国が最多だった。英フィナンシャル・タイムズ紙が25日に伝えた

 トムソン・ロイターのデータによると、WIPOが17年に受けた特許申請406件のうち半数以上が中国からの申請だった。中国のブロックチェーン関連の申請数は225件で、アメリカが91件、オーストラリアが13件と続いた。

 昨年のブロックチェーン技術の特許申請は、前年比3倍に増加した。トムソン・ロイターのオンライン・ノウハウ・サービス「プラクティカル・ロー」の編集者であるアレックス・バテソン氏によると、「企業は、技術開発の新しい領域で、自分たちのアイデアを守るために素早い対応をしている。実際に技術が市場に出るかなり前に申請をしている」。
全文はこちら



申請されたうち半数以上が中国だったらしい
中国は仮想通過についてプラスマイナスのニュースが多いが動きは早いな
個人的に中国の特許に対してはあまり良いイメージはない
技術を守る為の物と理解しているが難しい所だ

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です