ニューヨーク州市議会 マイニングの新規事業立ち上げを禁止

ニューヨーク州プラッツバーグ市議会で仮想通貨マイニング禁止

ニューヨーク州プラッツバーグ市の人々は仮想通貨のマイニングに懲り懲りしています。

市議会は、新たな仮想通貨マイニング事業を18か月禁止するモラトリアムを承認しました。

電力を使い果たしてしまうマイニング事業者に関わる問題を解決したい、との考えです。

仮想通貨マイニングの電力問題

大多数の仮想通貨は「発掘」作業を必要とします。

マイニングと呼ばれるこの作業では、複雑な計算処理のためにサーバーが使用され、解を導いたコンピュータは新たに発掘されたコインを手に入れることになります。

マイニングには大規模な電力が必要であり、事業者はマイニングに成功するとマイニング装備の大きなネットワークを使用する傾向にあります。

事業者たちはエネルギーコストを削減するために、安価な電力を求めて街に集まっていますが、そのことが地方自治体にとってどのようなコストがあるのかが明確になりつつあります。

直近の市議会会合で、プラッツバーグはこの問題を取り上げ、今後18ヶ月間新たなマイニング事業は認められないとの決定を下しました。
全文はこちら


とりあえず18ヶ月禁止らしい
場所によって電気代が違うので理由で地方でマイニングをする事業者が多い
これによりそこに住む町人の電気料金が100~200ドル上がったらしい
これは地方自治体にとってはかなり大きい問題だ
結果的に仮想通貨が原因で町にデメリットしかない状況になっているんだな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です