ロシア マイニング中断時間を設けるクリプト・アワーを提唱

 エネルギー消費への注意喚起を目的に、1年に1度全ての電気を1時間停止にする世界自然保護基金(WWF)の草の根運動「アース・アワー」の実施に合わせ、ロシア人マイナーは、マイニングを一時中断する「クリプト・アワー」を実施する模様だ。ロシアの報道機関ランブレルが15日に伝えた

 ロシアの仮想通貨マイナーは、環境に優しいブロックチェーン技術の必要性を仮想通貨業界に訴えるため、24日20:30~21:30(現地時間)に、マイニング機器の電源を切るよう、世界中のマイナーに呼びかけた。

 このクリプト・アワー・キャンペーンは、国際投資家ネットワークのクリプトライフ創設者であり、ロシア国家院のフィンテック開発専門委員会メンバーでもあるピーター・ドヴォリャンキン氏が率いる。ドヴォリャンキン氏はこのキャンペーンの目的を、環境に優しいマイニング地図を作成することと説明した。この地図は、適切な温度の地域で、再生可能エネルギー源に近い、最も環境に優しい仮想通貨マイニング場所を示すものだ。
全文はこちら


マイニングの消費電力は馬鹿に出来ないのは知っていたが想像以上だ
マイニングのみでアイスランド全体の電力を超える見込みか
環境問題が注目される中でこれは無視出来ない消費量だな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です