ツイッターも広告禁止?悪質な広告排除には必要な措置か

FacebookとGoogleに続きツイッターも

スカイニュースは先日フェイスブックの広告規制に続きGoogle社も仮想通貨関連広告の禁止規約を発表しましたが、ツイッター社もこの流れに続く可能性があるとしました。

同社によると、現在Facebook社やGoole社など世界的に仮想通貨のICO、トークン販売、仮想通貨ウォレットに関する広告を禁止している流れになっている中で、ツイッター社の新たな広告規約(ポリシー)が2週間以内に公開される予定であると報道しました。

この規約で仮に仮想通貨の広告規制が施行された場合、いくつかの例外を除いて、仮想通貨取引に関する広告がツイッター上で禁止されることになる可能性があるとしました。

現状では可能性の範囲ですが、デジタル広告の成長の牽引役となる他2社(Google、Facebook)の流れの状況下での、規約更新が予定されることが大きな波紋を読んでいます。
全文はこちら



フェイスブック・グーグルに続いてツイッターも?
この3社が与える影響は大きいだろうな……


仮想通貨に関する広告規制が続いているな
ブロックチェーン技術については認めているんだがな……
だが実際に誤解や悪質な広告を目にすることが多くないか?
それらを排除する動きがあってもおかしくない状況だったからな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です