[コインチェック]盗難された通貨半分が洗浄完了 約290億円分

世間を騒がせ続けているコインチェック事件に、また新たな進展があった。

昨日、国内大手仮想通貨取引所のコインチェックが、匿名性の高い仮想通貨3種類の取り扱いを中止する旨を発表した。

その理由としては、今回世間を騒がせる結果となった同取引所のハッキング問題を通じて盗まれた仮想通貨がいずれも、匿名性の高い仮想通貨に買い換えられていたという事実が新たに発覚したからであった。

今回の事件の犯人は、匿名性の高い仮想通貨を「ダークウェブ」と呼ばれるインターネット上の闇サイトで売買し、盗難した通貨の洗浄、いわゆるマネーロンダリングを行ってきた。

以前にニュースでお伝えした時は、盗難された通貨の約3分の1が既に洗浄完了しているという話であった。

しかし今回、悪いニュース極まりないが、前回からさらにマネーロンダリングは進行し、なんと全体の約半分が既に洗浄完了しているというのだ。
全文はこちら



どんどんマネーロンダリングされてる……
全資金が洗浄されるのも近いだろうな……

NEM財団を始め多くの人も頑張っていたんだがなぁ
利用者とすれば補償のめどは立っているが全体で言えばマイナスニュースだ
コインチェックは匿名性の高い3つの通貨を中止発表もした
取引所でもリスクが高いと思ったからの中止だろうし仕方ないだろう

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です