BTC窃盗 オンライン/オフライン共に危険 身を守る為には

 デジタル領域の製品である仮想通貨(イーサ、ether)は、常にエーテル空間(ether)のなかに存在してきた。つまり、物理的になにかを所有したり、失ったり、盗まれたりするわけではなかった。ビットコインユーザにとって、デジタル通貨を騙しとられる脅威は常にオンライン上だけであり、ITに通じた投資家たちはオフラインでは安全であった。

 しかし今や、窃盗団たちはオフラインで仮想通貨に手を伸ばす方法があるという事実に気づき、略奪行為をリアルの場でも行っている。ビットコイン所有者が窃盗団に襲われ、巨額のデジタル通貨を匿名ウォレットへ振り込むよう脅される事例が相次いで報道されている。

 オンライン上のセキュリティ対策だけではもはや十分とはいえないようだが、リアルでのビットコイン強盗に合わないための対策がいくつかある。
全文はこちら



海外では強盗から誘拐まで仮想通貨に関する凶悪事件がよく起きている
海外程ではないが日本でも起きているな
基本的に警戒心は持ち続け自慢などはやらないほうが良いだろう
オンラインは勿論注意すべきだがリアルの世界でも危険な世の中になってきたな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です