みずほ銀行 独自仮想通貨の実証実験を発表 キャシュレス実現へ

メガバンクが仮想通貨市場へ参入する動きが、日に日に加速している。

この度みずほ銀行は、昨年9月に構想を発表した独自の仮想通貨「Jコイン」を実際に使用すべく、東邦銀行と恊働で実証実験を行う事を発表した。

これは先日、ライバルである三菱東京UFJ銀行がオリジナルの仮想通貨である 「MUFGコイン」の開発開始をアナウンスした事を受けての流れだ。

今回の実験では、みずほ銀行と東邦銀行の口座保有者が対象となり、スマートフォン上のアプリで実際に個人間決済が可能となる。

また、対象店舗ではQRコードを読み込む事で、即時支払いができる。

同行が掲げる、「キャッシュレスな世の中の実現」に向け、新たなスタートラインに立つ瞬間が訪れようとしている。
全文はこちら



みずほ銀行キター!しかし大丈夫なのか・・・?

投資目的のものとはかなり違う
他の仮想通貨のように高騰や暴落がおき難いシステムになっている
もちろんブロックチェーン技術だから防犯に強い
これからブロックチェーン技術が当たり前になる世の中になるだろうな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です