XEM20%高騰 コインチェック補償が後押しか

CoinCheckの補償が大きく関係か

580億円相当にも及ぶ、CoinCheck社からの不正流出事件が発覚以降、継続的な下落を観測していました。

580億円にも及ぶ金額が売りに出される売り圧力や、CoinCheck社による補償対応までの時間が長引いたことで、大きな売り材料となってしまいました。

ただし、仮想通貨XEM自体に欠陥などの問題点があったわけではないため、解決したことで状況の好転が期待されていた節があります。

CoinCheck社は3月8日、2度目の業務改善命令を受けたものの、過去2回と一転して前向きな記者会見を行い、仮想通貨取引の開始とXEMの補償時期に関しての日程として、「3月11日の週」を目処にした対応を発表していました。
全文はこちら



1日で20%の高騰!すごいぞ!

この事件はXEMの問題ではなく取引所での問題だったからな
利用者はドキドキしていただろうが取引所の対応スピードはまあ早いほうだった
返金補償の内容も悪くはなかったしそれも高騰の理由になっているんだろう

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です