Binance「ハッカーを捕まえたい。情報提供者には2650万円の賞金」

先日のBinance事件

3月7日に、取引量で世界第2位の仮想通貨取引所であるBinanceが大規模攻撃の標的にされました。

同社によると、その攻撃では、約2分程度の時間で行われ、非常に巧みなフィッシング及び、盗難を行うものであったとされています。

バイナンスのシステム作動により、ユーザー達の資金は安全であると公表されています。

実際何が起きたのか

ハッカー達は、数カ月に渡るフィッシングによってアカウント情報を取得し、VIA/BTC取引において戦略的に大規模の買いポジションを取り、価格を押し上げる一方で、事前にVIAを入金させておいた31アカウントでVIAを高値で売却、フィッシングしたアカウントからハッカーによって所有されている31アカウントにビットコインを移動させようと試みました。

その後、ハッカーはアカウントから出金の申請を行なっています。

Binanceはその後どのような対応をとったのかをブログにて以下のように明らかにしました。
全文はこちら



取引所が協力を求めるのは珍しい事なのでは?
まるで映画の世界みたいだ

3//7におきた事件についての話だな
Binanceの発表では出金もされずコインも差し押さえられてハッカーの敗北だ
自分の企業に属さないフリーの技術者に協力を求めるのは面白いな
案外早くハッカーの逮捕に繋がるかもしれん

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です