[アメリカ初]仮想通貨で不動産取引!?イーサリアムで開始します!

イーサリアムベースのブロックチェーンが不動産取引に使用される

アメリカのバーモント州の都市であるサウスバーリントンで、イーサリアムベースのブロックチェーンによる不動産売買取引が完了しました。

3月8日にZeroHedgeが報じたこの出来事は、アメリカ初の事例です。

サウスバーリントンと提携しているプロピー社は、他にもウクライナのEガバナンス当局と提携し、去年の8月には既に不動産販売を開始していました。

スウェーデンでもブロックチェーン技術を活用した不動産取引実施

3月6日、Wall Street Journalは、スウェーデンの測量機関であるラントメーテリエット(以下、国土測量庁)が、ブロックチェーン技術を使った不動産取引をテストする予定であることを報じました。

国土測量庁は2016年にブロックチェーン導入テストを実施し、2017年7月にブロックチェーン上での土地や不動産の登記を開始しています。

また、現在同プラットフォーム上で不動産売買を行う有志を選んでいるとのことです。

以前までのシステムでは、売買を行なって登記するまで、数ヶ月以上もかかる場合がありました。

しかし、ブロックチェーン技術の導入を行う事で、数時間に短縮出来る可能性もある、とのことです。
全文はこちら



ちなみに日本でも開始する話は出ているぞ
bitFlyerと積水ハウスが共同事業で開始する事を公表している
投資に目がいきがちだが技術に目を向けてる企業もかなり多いな
特にブロックチェーンと不動産は相性がかなり良くシステムでの時間短縮が数ヶ月だったのが数時間になると・・・凄い事だ

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です