米国人歌手が新たな仮想通貨発行!歌手も気にするブロックチェーン技術

 米国人ヒップホップ歌手のヤング・ダーティー・バスタード氏は、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で自身の仮想通貨を発行する計画だ。ヤフー・ファイナンスが6日に伝えた

 バスタード氏は仮想通貨ダーティー・コイン(ODB)を発行して、次のアルバムの制作費や音楽事業のサポート費などに充てたい考えだ。ODBでバスタード氏のコンサートのチケットや、彼や彼の父親でヒップホップ歌手の故オール・ダーティー・バスタード氏の音楽製品を購入できるようにすることを検討している。

 バスタード氏は仮想通貨発行の理由について「仮想通貨やブロックチェーン技術の台頭に触発されたから。まだスタートしたばかりの技術だが、ノアの方舟が出発しそうだったら飛び乗るように、乗らないと沈んでしまう」と説明し、その他の有名人の真似をしたのではないと強調した。
全文はこちら


 
自分自身の仮想通貨を発行する米国人歌手のニュースだ
そういえばガクトも仮想通貨をってニュースあったような?


ガクトの方は現時点じゃ動きは止まってる感じだな
この歌手はチケットやCD等の購入が出来るらしい
ブロックチェーン技術のメリットを活かした動きだ
仮想通貨は投資に目がいきがちだけどこういうニュースも良いな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です