ベルギー「海外の取引所使ってる人も調査するから」納税は忘れずに!

ベルギー特別税務監察局(STI)は、国外の仮想通貨取引所で投資したベルギー人納税者の調査を開始した。地元紙スタンダードブリュッセルタイムズが伝えた。
数人のベルギー人がフィンランドの仮想通貨取引所を利用しているとの報告をフィンランド当局から受け、調査を開始した。うち1人は非課税対象として調査が終了している。
ベルギーでは昨年から、仮想通貨投資により得た利益は雑所得とし申告し、33%の税金を支払う義務がある。
仮想通貨取引は匿名性が高いため、仮想通貨を対象とした課税規則の執行は簡単ではない。ベルギー税務当局は、米国間との租税条約を利用し米取引所を利用するベルギー人納税者を調査する計画だ。米国の国税庁(IRS)の例に倣い、ベルギー人投資家の情報を入手したい考えだ。
全文はこちら



調査する側は少し手間なだけで取引所の利用者情報は筒抜けなんだろうな
納税に関しては色々と抜け道をググる人も多いだろうが残念だ
雑所得なのは・・・まあ仕方ないな
税金はちゃんと払おう!

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です