メキシコ仮想通過規制が間近!残すところ大統領の署名のみ

メキシコで仮想通貨規制法案が議会を通過し、大統領の署名を待つのみというところまで来たようだ。ロイターが3月2日につたえた

クラウドファンディングやさまざまな仮想通貨ビジネスを含む広範なフィンテック分野に対する新たな決議が盛り込まれたこの法案は、成立までにエンリケ・ペーニャ・ニエト大統領の署名を残すのみとなった。

仮想通貨関連企業に適用される詳細な規制は後日、いわゆる「二次的な」法律で規定される予定で、より全般的な情報を含む現在の法案の内容は昨年12月5日に上院で可決されていた。ロイターによれば「フィンテック企業においてクラウドファンディング、支払方法、ビットコインのような仮想通貨を取り巻くルールなどに関する規制がより明確になる」。
全文はこちら



規制ってことはまた利用者にとって面倒な感じになるの?

これは規制というが地盤固めの為のルール作りという印象
詳しい内容はまだだが無法地帯の方が色々と面倒だからな

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です