[コインチェック事件]日本政府「日本円保障だったら課税です」

日本政府が閣議決定

今回の件は1月26日にハッキングされた仮想通貨の大手取引所「コインチェック」から、顧客の仮想通貨約580億円分が不正流出した事件についてです。

日本政府は2月27日、「仮想通貨交換事業者から返金を受けた場合は、課税所得になりうる(非課税所得(*1)にはならない)」といった見解を答弁書にて閣議決定しました。

また、日本円で返金・補償された場合、課税に関する法律関係の回答は、現時点では明言できない、としました。

しかし、たとえ損害賠償金(*2)であっても、本来所得とすべきものや、失った利益への賠償であれば、非課税所得にはならない、といった見解も示しました。

閣議決定とは、首相及びすべての閣僚を含む日本政府の最高意思決定機関であり、全閣僚の統一見解が原則となります。
全文はこちら



これ、、、もう決定事項なの?
コインチェック側から何もないの?

返金されない事には悩み続けても仕方ないが……
専門家でも頭を悩ませる事件内容だったが、閣議決定は課税所得という方向で一致しているらしい
更なる動きがないか注目したい所だ

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です