コインチェック騒動から1ヶ月、解決してない問題山積み!

仮想通貨取引所コインチェックから約580億円相当の仮想通貨NEM(ネム)が流出してから、1カ月になる。同社は流出判明から2日後に日本円で返金する方針を示したが、いまのところ具体的な動きはない。2018年2月下旬までに「被害者団体」2団体が結成され、さらに1団体が2月中に結成のための会合を開くなど、返金をめぐるせめぎあいが生じている。

コインチェックは「返金のめど立った」

「時期についてめどがたってきて、明確な時期が確定すれば、みなさまにご報告する」

コインチェックが業務改善の方針について金融庁に報告書を提出した2月13日、大塚雄介取締役は返金の方針について、メディア各社にこう語った。

コインチェックの口座から巨額のネムが流出したのは1月26日。返金の方針を明らかにしたのは2日後のことだ。

コインチェックの発表によれば、流出した顧客のネムは総額5億2300万XEM(XEMはネムの通貨単位)で、対象者は約26万人にのぼる。対象者には、1XEMあたり88.549円を返金するとしており、日本円に換算すると、返金総額は約463億円になる。
全文はこちら



NEM流出から1ヶ月。日本円で返金するというがいつになるんだ!


問題が起きてから説明まで素早く色々と急ピッチで進んでいるだろう
だが、コインチェック利用者からしてみれば落ち着かないよな
提訴する団体も3つになりどうなる事やら・・・

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です